BTS 『Rain』歌詞+和訳(カナルビ付き)

『Rain』韓国語歌詞+カナルビ

(ぴが おぬん じとぅん せk そうル く うぃえ)
(비가 오는 짙은 색 서울 그 위에)

たルりぬん ちゃどル さばんえ っくmとぅルでぬん うさんどぅル
달리는 차들, 사방에 꿈틀대는 우산들

なルっしぬん ふりm こんぎぬん まルぐm
날씨는 흐림 공기는 맑음

(ちょ ぴが くちょ こいん むル うぃえ ぴちょじん)
(저 비가 그쳐 고인 물 위에 비쳐진)

よぬぇせk
연회색

ぺぎょんえ なん うぇ よぎ もmちょ そっすルっか
배경의 난 왜 여기 멈춰 섰을까

せんがぎ まぬん ごんじ おmぬん ごんじ ちゃル もルら
생각이 많은 건지 없는 건지 잘 몰라

ぱっかち ふぁねじょっすル ってっちゅm ちゃめそ っけ
바깥이 환해졌을 때쯤 잠에서 깨

ぴごね っちどぅん そぬろ よんしん もりるル っすろで
피곤에 찌든 손으로 연신 머리를 쓸어대

ちなん ぱm わんそんち もたん のれえ めmじゃん
지난 밤 완성치 못한 노래의 메모장

おぬるん っくんねんだ
오늘은 끝낸다

ぬん じルっくん かmご はんすm ぷk しゅぃおぼね
눈 질끈 감고 한숨 푹 쉬어보네

もら びょんみょんへ まル じおぼね
뭐라 변명해? 말 지어보네

おちゃぴ もたん ご
어차피 못한 거

くにゃん あむ まりな じお ぼね
그냥 아무 말이나 지어 보내

しそぬル とルりん ちゃん ばっけおんとん ふぇせk ぴっ
시선을 돌린 창 밖은 온통 회색 빛

ふぇせk しえ ふぇせk ぴルでぃん
회색 시의 회색 빌딩,

ふぇせk きル うぃえ ふぇせk ぴ
회색 길 위의 회색 비

いせさん もどぅん げ ぬりょ
이 세상 모든 게 느려

ちゃめそ っけん とんせん じゃっく まル っくとぅル ふりょ
잠에서 깬 동생 자꾸 말끝을 흐려

ちぇ おmぬん ねんじゃんこ っと よろった たど
죄 없는 냉장고 또 열었다 닫어

みルりょおん あル す おmぬん ほじょなめ
밀려온 알 수 없는 허전함에

いルたん ながやげったご せんがかじ
일단 나가야겠다고 생각하지

うさんど はな おpし
우산도 하나 없이

そんみょんへ ぴどぅり せさんえ たぬん そり
선명해 비들이 세상에 닿는 소리

ぴしk うそ ちぇごえ ぺぎょん うまk
피식 웃어, 최고의 배경 음악

みちんのmちょろm こんにれるル ふんおルごりんだ
미친놈처럼 콧노래를 흥얼거린다

みょっ しいルっか
몇 시일까

ぴが おぬん じとぅん せk そうル く うぃえ
비가 오는 짙은 색 서울 그 위에

よじょに ちゃm もっ いるぬん ねが ふりょじね
여전히 잠 못 이루는 내가 흐려지네

ちょ ぴが くちょ こいん むル うぃえ ぴちょじん
저 비가 그쳐 고인 물 위에 비쳐진

おぬルったら と ちょらはん ねが くりょじね
오늘따라 더 초라한 내가 그려지네

ぴ ねりぬん ぱm
비 내리는 밤

ちゃんむぬル のく はぬん ぴぬん ってりじ まうむル
창문을 노크 하는 비는 때리지 마음을

すなん おっけるル ちゃpこ ふぁぎなん むんちゃ
시큰한 어깨를 잡고 확인한 문자

よじゅm おって
“요즘 어때?”

ちんぐえ あんぶむんちゃぬん
친구의 안부문자는

なるル かmそんえ じょっけ
나를 감성에 젖게 만들지

ぬんぬかん ぴっぱんうれ ひゃんぎるル まとぅみょ
눅눅한 빗방울의 향기를 맡으며

きじげるル ぴょん たうm
기지개를 편 다음

なん ふぁじゃんしルろ
난 화장실로 간 뒤

ちゃめそ とル っけん こうル そk
잠에서 덜 깬 거울 속

ねげ いんさはん でぃ
내게 인사한 뒤

まんなル さらmど おmぬんで
만날 사람도 없는데

くぇに と きルげ しゃうぉるル はじ
괜히 더 길게 샤워를 하지

すkそ ばっ よじょに ぴぬん ねりね
숙소 밖 여전히 비는 내리네

かル ごっと ったき おmぬんで
갈 곳도 딱히 없는데

うさぬル ちぇんぎん ちぇ
우산을 챙긴 채

ちょぼkちょぼk ころ ちょんちょ おpし
처벅처벅 걸어 정처 없이

とろうぉじん しんばれ ぴぬん ちょんじぇるル あルりどぅっ
더러워진 신발에 비는 존재를 알리듯

ふんじょぐル せぎね
흔적을 새기네

いちょろm なん のえげ
이처럼 난 너에게

ぴちょろm ふんじょぐル せぎん さらみルっか
비처럼 흔적을 새긴 사람일까

くげ あにらみょん かpちゃぎ ねりん そなぎちょろm
그게 아니라면 갑자기 내린 소나기처럼

くじょ わったがぬん ちょんじぇぬん あにルっか
그저 왔다가는 존재는 아닐까

ぴが おぬん じとぅん せk そうル く うぃえ
비가 오는 짙은 색 서울 그 위에

よじょに ちゃm もっ いるぬん ねが ふりょじね
여전히 잠 못 이루는 내가 흐려지네

ちょ ぴが くちょ こいん むル うぃえ ぴちょじん
저 비가 그쳐 고인 물 위에 비쳐진

おぬルったら と ちょらはん ねが くりょじね
오늘따라 더 초라한 내가 그려지네

もむル いるきょっちっぷどぅんはだご ぬっきル っちゅm
몸을 일으켜 찌뿌둥하다고 느낄 쯤

ちゃんむぬル ぼルって
창문을 볼 때

ね もむル いぇさんいらど はん どぅっ
내 몸을 예상이라도 한 듯

ぴが ねりご いんね
비가 내리고 있네

ちゃんむね めちょ いんぬん ぴんむルどぅル ぱらぼみょ ぬっきじ
창문에 맺혀 있는 빗물들 바라보며 느끼지

まち ね まうmそぐル ふるん ぬんむルどぅル
마치 내 마음속을 흐른 눈물들

みみょん でぃろ ばっくル ぼみょん
미묘함 뒤로 밖을 보면

ね さんふぁん がて
내 상황 같애

そんにゅルがち ねりぬん ぴえ もどぅ た あんだんて
선율같이 내리는 비에 모두 다 안단테

じゅんびるルはご なが
준비를 하고 나가,

ね いんさんちょろm くぎょじん うさぬル っちゃk ぴょご
내 인상처럼 구겨진 우산을 쫙 펴고

こるみょ ぴっそりル とぅんぬん すんがん
걸으며 빗소릴 듣는 순간

い ぴぬん ぬぐル うぃへそ ねりぬん ごルっか
이 비는 누굴 위해서 내리는 걸까?

っすルっすらん ふぇせk しめんとぅ うぃ
쓸쓸한 회색 시멘트 위

ぷでぃちょ ってりぬん ちょんがk
부딪혀 때리는 청각

Come slow down

ぴが おぬん じとぅん せk そうル く うぃえ
비가 오는 짙은 색 서울 그 위에

よじょに ちゃm もっ いるぬん ねが ふりょじね
여전히 잠 못 이루는 내가 흐려지네

ちょ ぴが くちょ こいん むル うぃえ ぴちょじん
저 비가 그쳐 고인 물 위에 비쳐진

おぬルったら と ちょらはん ねが くりょじね
오늘따라 더 초라한 내가 그려지네

な い ぴが もじょど
나 이 비가 멎어도

ちょ くるみ こちょど
저 구름이 걷혀도

うどぅこに そ いっそ
우두커니 서 있어

い もすp くでろ
이 모습 그대로

あむ まルど あぬん ちぇ
아무 말도 않은 채

せさんうル ねりょだば
세상을 내려다봐

こぎん あるmだpち もたん ねが
거긴 아름답지 못한 내가

なル ぽご いっそ
날 보고 있어

Listen on Apple Music

BTSの全曲が聴き放題♪
3ヵ月無料『Apple Music』(初めての方限定)

※3ヵ月の期間内なら、いつ止めても無料!

『Rain』歌詞和訳

(雨が降る深い色 ソウルその上に)
走る車,あちこちにうごめいている傘
天気はくもり 空気は晴れ
(あの雨が上がり淀んだ水の上に映し出された)
濃い灰色 
背景の僕はなぜここに立ち止まったのか
考え事が 多いのか ないのか よく分からない

外が明るくなってきた頃 起きるんだ
苦労して荒れた手で ずっと頭をなでてた
去る夜 完成してない歌のメモ帳
今日は終わらせる
目を閉じて一休み ゆっくり休んでみるよ
なんて言い訳すんの?話を作ってみる

どうせできもしないこと
ただどんな言葉でも作り出す
視線を向けた窓の外はすべて灰色の光
灰色の都市の灰色のビル
灰色の道の上の灰色の雨
この世のすべてが緩い
眠りから覚めた妹 何度も言葉を濁す
罪のない冷蔵庫 また開いて閉じて
押し寄せたわからない寂しさに
とりあえず出かけなきゃと思ったんだ

傘もささずに
鮮やかだ 雨がこの世界に触れる音
フッと笑う、最高のBGM
アホのように鼻歌を歌う
何時なのか

雨が降る深い色 ソウルその上に
相変らず眠れない自分がぼやける
あの雨が上がり淀んだ水の上に映し出された
今日に限ってダサい僕が描かれる

雨が降る夜
窓をノックする雨は心を攻撃するんだ
ずきずき痛む肩を押さえて確認したメール
最近どうなの?
友達からの安否メールは
僕を感性に浸らせるんだ
湿っぽい雨のしずくの香りを嗅いで
大きく伸びをして
トイレへ行って
眠から目覚めてない鏡の中の
自分に挨拶して
人に会うわけでもないのに
やたら長いことシャワーを浴びるんだ

宿舎の外は相変らずの雨
行くとこもこれといってないのに
傘を準備したまま
とぼとぼあてもなく歩く
汚くなった靴に雨は存在を知らせるように
跡を刻むよ
こんなふうに僕は君に
雨のように跡を刻んだ人なのかな
そうでないなら突然の夕立ちのように
ただ通り過ぎてく存在なのか

雨が降る深い色 ソウルその上に
相変らず眠れない僕がぼやける
あの雨が上がり淀んだ水の上に映し出された
今日に限ってダサい僕が描かれる

からだを起こして体のだるさを感じる頃
窓を見る時
僕の体調を予想でもしたかのように
雨が降ってるよ
窓についた雨粒を見て感じるだろう
まるで僕の心の中に流れた涙
美妙さの後に外を見れば
僕の状況みたいで
メロディのように降る雨にみんな
*アンダンテ *andante・・・「歩くような速さで」の意味

準備をして出かける
僕の状態のようにしわくちゃになった傘をぱっと開いて
歩きながら雨音を聞く瞬間
この雨は誰のために降るのかな
寂しい灰色のセメントの上に
ぶつかって打つ 聴覚
Come slow down

雨が降る深い色 ソウル その上に
相変らず眠れない僕がぼやける
あの雨が上がり淀んだ水の上に映し出された
今日に限ってダサい僕が描かれる

僕 この雨がやんでも
あの雲が晴れても
ぼう然とつっ立ってる
この姿のままで
なにも言わないまま
世界を覗いてみると
そこには美しくはない僕が
自分を見ている

BTSの全曲が聴き放題♪
3ヵ月無料『Apple Music』(初めての方限定)

※3ヵ月の期間内なら、いつ止めても無料!

BTSに聴いた分だけ還元できるので
楽しみながら貢献できちゃいますよ♪

Listen on Apple Music