BTS 『Intro: 화양연화(花様年華/The Most Beautiful Moment in Life)』歌詞+和訳(カナルビ付き)

『Intro: 화양연화(花様年華/The Most Beautiful Moment in Life)』韓国語歌詞+カナルビ

おぬるったら りみ もろぼよ
오늘따라 림이 멀어보여

ことぅ うぃえ はんすみ こよ
코트 위에 한숨이 고여

ひょんしり とぅりょうん そにょん
현실이 두려운 소년

こんぐる とんじる ってみょん ゆいらげ まみ どぇりょ のよ
공을 던질 때면 유일하게 맘이 되려 놓여

ほるろ とんじぬん こん
홀로 던지는 공

りむる ひゃんへそ ねが とんじぬん ごん
림을 향해서 내가 던지는 건

すまぬん こみんぐぁ さるめ こくちょんごり
수많은 고민과 삶의 걱정거리

せさんぐる あぬん ちょかじまん あじっ そりぐん もむ
세상을 아는 척 하지만 아직 설익은 몸

しゅっ ことぅが なえ のりと
슛 코트가 나의 놀이터

そんちせ ったらそ ぱる よぺん ちゃぐん こんい とぅいお
손짓에 따라서 발 옆엔 작은 공이 튀어

そんちょぐん ぱだぐる きじまん なん と おひりょ
성적은 바닥을 기지만 난 더 오히려

せさんえ た ちゃる どぇる ごらみょ くぇんしり そりちょ
세상에 다 잘 될 거라며 괜시리 소리쳐

はじまん せさんぐん どぇりょ こぷちょ くろる ごみょん もむちょ
하지만 세상은 되려 겁줘 그럴 거면 멈춰

もりる ちぇうん さんにょむ こん てしん みれる とんじょ
머리를 채운 상념 공 대신 미래를 던져

っと なむどぅり ちらぬん ぴょるじょむぐぁ そんごんえ きじゅね きょるぎょっ
또 남들이 칠하는 별점과 성공의 기준에 결격

とげ あむちょろむ ぽじぬん こくちょん
덕에 암처럼 퍼지는 걱정

God damn it

とんじょぼりん こんぐぁ はむっけ ぽじん うすむ
던져버린 공과 함께 퍼진 웃음

とっかじ ちゃおるん い すむん っくむとぅるでぬん っくむどぅる
턱까지 차오른 이 숨은 꿈틀대는 꿈들

っぱらじぬん どぅりぶる へんぼけじぬん まうむ
빨라지는 드리블 행복해지는 마음

い すんがぬん よんうぉなる どぅっ はじまん へじぬん ばみ
이 순간은 영원할 듯 하지만 해지는 밤이

たし ちゃじゃおみょん ちょんもんぬん ひょんしる
다시 찾아오면 좀먹는 현실

ちょんしぬる ちゃりみょん っと こんもぐん ぴょんしん
정신을 차리면 또 겁먹은 병신

がとぅん ね もすべ ちゃっくまん っと こび な
같은 내 모습에 자꾸만 또 겁이 나

とぷちょおぬん ひょんしるかむ
덮쳐오는 현실감

なむどぅるん あぷそ たるりょ かぬんで うぇ なん あじっ よぎ いんな
남들은 앞서 달려 가는데 왜 난 아직 여기 있나

すむる すぃお あにみょん っくむる っくぉ
숨을 쉬어 아니면 꿈을 꿔

ちぐむ しむじゃんぱっどんえ まっちょ たし のるる ちょお
지금 심장박동에 맞춰 다시 노를 저어

なむどぇれ やるぱかん ちゃっでえ かじょ もるん ちょっ
남들의 얄팍한 잣대에 갇혀 모른 척

はみょ さるだが ことぅちょろむ いんせんど のうる ちょ
하며 살다간 코트처럼 인생도 노을 져

What am I doin’ with my life

い すんがぬん おんじぇどぅん たし ちゃじゃおじ あな
이 순간은 언제든 다시 찾아오지 않아

たし なえげ とぇむろぶぁ ちぐむ へんぼかんが
다시 나에게 되물어봐 지금 행복한가

く たぶん いみ ちょんへじょっそ なん へんぼかだ
그 답은 이미 정해졌어 난 행복하다

Listen on Apple Music

BTSの全曲が聴き放題♪
3ヵ月無料『Apple Music』(初めての方限定)

※3ヵ月の期間内なら、いつ止めても無料!

『Intro: 화양연화(花様年華/The Most Beautiful Moment in Life)』歌詞和訳

今日にかぎってリングが遠く感じる
コートの上にため息がたまる
現実を恐れる少年
ボールを投げる時だけは唯一心が楽になる
ひとりで投げるボール

リングに向かって俺が投げるのは
数えきれない悩みと人生の心配事
世間を知ってるフリしてるけどまだ未熟な体
シュート コートが俺の遊び場
手の動きに合わせて足の前でちっちゃなボールが弾む
成績はドン底だけど俺はむしろ
この世はすべてうまくいくんだとむやみに叫ぶ

だけど世間はかえって俺を脅かす それならいっそ止まって
頭を埋め尽くす考え ボールの代わりに未来を投げる
違う誰かがつける評価と成功の基準に欠ける
おかげで癌のように広がる心配
god damn it

投げてしまったボールとともに広がる笑み
喉まで上がってきたこの呼吸はうごめく夢
速くなるドリブル 幸せになる心
この瞬間は永遠のようだけど日の沈む夜が
再び訪れればむしばみ始める現実
気づけばまた怯えてる愚か者
そんな自分の姿に何度もまた怖じ気づく
襲って来る現実感

他の人はどんどん走っていくのになぜ俺はまだここにいるんだ
息をするんだ じゃなきゃ夢を見ろ
今 心臓の鼓動に合わせてもう一度オールを漕げ
他人の薄っぺらい物差しに閉じ込められて気づかないふりして
生きていたらコートのように人生も夕焼けに染まる

What am I doin’ with my life
この瞬間はもう二度とやってこない
もう一度自分に問いかけてみる 今お前は幸せか?
その答えはすでに決まってる 俺は幸せだ