BTS 『Intro: Never Mind』歌詞+和訳(カナルビ付き)

『Intro: Never Mind』韓国語歌詞+カナルビ

あぷまん ぼご たるりょっち ちゅうぃるる とぅるろ ぼる とぅむ おぷし
앞만 보고 달렸지 주위를 둘러 볼 틈 없이

おぬせ なぬん かじょげ じゃらんい どぇっこ
어느새 나는 가족의 자랑이 됐고

おぬ じょんど そんごんうる へっそ
어느 정도 성공을 했어

さちゅんぎら まらぬん くっちゅむ せんがぎ なね むんとぅく
사춘기라 말하는 그쯤 생각이 나네 문득

く だんし なぬん おりょっこ むそうる げ おぷそっち
그 당시 나는 어렸고 무서울 게 없었지

みょっ ぽね ちゃじょる くごん あむごっと あにゃ
몇 번의 좌절 그건 아무것도 아냐

たるらじん ごらごん くってえ びへ ちょぐむ こじん きわ
달라진 거라곤 그때에 비해 조금 커진 키와

どん ないでえ びへ ちょぐむ そんそけじん しや
동 나이대에 비해 조금 성숙해진 시야

なむさんどんえ ちは ちゃごぷしるえそぶと
남산동의 지하 작업실에서부터

あぷくじょんっかじ っから のうん ね beat
압구정까지 깔아 놓은 내 beat

ちょんちゅね ちゅるちょ
청춘의 출처

ちゅうぃん もどぅ まれっち おぼはじま
주윈 모두 말했지 오버하지마

うまく はんだぷしご っかぷちみょん ちばん こどるねにっか
음악 한답시고 깝치면 집안 거덜내니까

くってぶと しんぎょん あん っそっち ぬが むぉらどんじ
그때부터 신경 안 썼지 누가 뭐라던지

くじょ ね っこるりん でろ ね そしんでろ さらがる っぷん
그저 내 꼴린대로 내 소신대로 살아갈 뿐

にが ぽぎえん ちぐむ なん おっとる こっ かんにゃ
니가 보기엔 지금 난 어떨 것 같냐

ねが ぽぎえん おっとる ごっ かた
내가 보기엔 어떨 것 같아?

ねが まんはぎる きどへっとん みょんみょん のめげ むるるけ
내가 망하길 기도했던 몇몇 놈에게 물을게

ちばん こどる ねん ごっ がんにゃ せっきゃ
집안 거덜 낸 것 같냐 새꺄

I don’t give a shit
I don’t give a fuck

はる すべく ぽん いぷぼるっちょろむ
하루 수백 번 입버릇처럼

まれっとん ‘ねげそ しんぎょんっこ’
말했던 ‘내게서 신경 꺼’

しるぺな ちゃじょる まっぽご こげ そぎょど どぇ
실패나 좌절 맛보고 고개 숙여도 돼

うりぬん あじく ちょるむこ おりょ こくちょん ぶっとぅろめ
우리는 아직 젊고 어려 걱정 붙들어매

くるじ あんぬん どれぬん ぴるし っきぎ まりょにごどぅん いっき
구르지 않는 돌에는 필시 끼기 마련이거든 이끼

とぇどら がるす おぷたみょん
뒤돌아 갈수 없다면

しるす ったうぃん もどぅ だ いっきる
직진 실수 따윈 모두 다 잊길

Never mind

しゅぃぷち あんちまん かすめ せぎょのぁ
쉽지 않지만 가슴에 새겨놔

ぶでぃちる こっ がとぅみょん と せげ ぱるば いむま
부딪힐 것 같으면 더 세게 밟아 임마

Never mind
Never mind

く おっとん かしばっ きりらど っとぅぃおが
그 어떤 가시밭 길이라도 뛰어가

Never mind
Never mind

せさんえん にが おっちょる す おむぬん いるど まな
세상엔 니가 어쩔 수 없는 일도 많아

You better
Never mind
Never mind

ぶでぃちる こっ がとぅみょん と せげ ぱるば いむま
부딪힐 것 같으면 더 세게 밟아 임마

Never mind
Never mind

ぽぎはぎえぬん うりん あじく ちょるむこ おりょ いむま
포기하기에는 우린 아직 젊고 어려 임마

Never mind

ぶでぃちる こっ がとぅみょん と せげ ぱるば いむま
부딪힐 것 같으면 더 세게 밟아 임마

ぶでぃちる こっ がとぅみょん と せげ ぱるば いむま
부딪힐 것 같으면 더 세게 밟아 임마

Never mind…

Listen on Apple Music

BTSの全曲が聴き放題♪
3ヵ月無料『Apple Music』(初めての方限定)

※3ヵ月の期間内なら、いつ止めても無料!

『Intro: Never Mind』歌詞和訳

ひたすら前を見て走ってきた
周囲を見渡す暇もなく
いつの間にか俺は家族の自慢になって
ある程度成功した

思春期だった頃を思い出すんだ ふと
当時俺は幼くて 怖いものなんてなかった
いくつかの挫折 そんなものどうってことなかった
変わった事といえば その頃に比べて少し伸びた背と
同世代に比べて少し成熟した視野

南山洞の地下作業室から狎鴎亭まで敷き詰めた俺のビート
青春生まれ
周りの誰もが言った オーバーに言うな
音楽をやるだなんて調子に乗ったら家庭崩壊するぞ
あの頃から気にしてなかった 誰がなんて言おうと

ただ俺の思うがまま 俺の信念のままに生きていくだけ
お前から見て今の俺はどうだ?
俺から見てどうだ?
俺が潰れることを願ってた何人かの奴らに聞いてみる
家庭崩壊してると思うか? お前ら
I don’t give a shit
I don’t give a fuck

一日に何回も口癖みたいに言ってた 「俺に構うな」
失敗や挫折を味わって俯いてもいい
俺たちはまだ若くて幼い 心配はいらない
転がらない石にはきっと生えるものだから コケが
後戻りできないなら直進 失敗なんかは綺麗さっぱり忘れろ

Never mind
簡単じゃない 胸に刻んでおけ
ぶつかってくるならもっと強く踏んでやるよ この野郎
Never mind Never mind
それがどんなイバラの道だとしても走って行く
Never mind Never mind
世の中にはお前じゃどうにもできないことも多い
You better
Never mind Never mind

ぶつかってくるならもっと強く踏んでやるよ この野郎
Never mind Never mind
諦めるには俺たちは若くて幼いんだ この野郎
Never mind

ぶつかってくるならもっと強く踏んでやるよ この野郎
ぶつかってくるならもっと強く踏んでやるよ この野郎
Never mind…