BTS 『134340』歌詞+和訳(カナルビ付き)

『134340』韓国語歌詞+カナルビ

くろる すまん いったみょん むるおぼご しぽっそ
그럴 수만 있다면 물어보고 싶었어

くって うぇ くれんぬんじ うぇ なる ねっちょちゃんぬんじ
그때 왜 그랬는지 왜 날 내쫓았는지

おっとん いるむど おぷし よじょに のる めむどね
어떤 이름도 없이 여전히 널 맴도네

ちゃくびょり むせけ く ぴょなもむぬん せくちぇ
작별이 무색해 그 변함없는 색채

なえげん いるみ おぷくな
나에겐 이름이 없구나

など のえ びょりおんぬんで
나도 너의 별이었는데

のん びちらそ ちょっけった
넌 빛이라서 좋겠다

なん くろん のる ぱどぅる っぷにんで
난 그런 널 받을 뿐인데

むのじん わんそんえ なむん みょんい むぉん うぃみが いっそ
무너진 왕성에 남은 명이 뭔 의미가 있어

ちゅぐる ってっかじ ばっけっち に むどうん しそん
죽을 때까지 받겠지 니 무더운 시선

あじく なん のる とるご ぴょなん ごん おぷちまん
아직 난 널 돌고 변한 건 없지만

さらんえ いるみ おぷたみょん もどぅん げ ぴょなん ごや
사랑에 이름이 없다면 모든 게 변한 거야

のん ちょんまるろ Erisるる ちゃじゃねん ごるっか
넌 정말로 Eris를 찾아낸 걸까

まれ ねが ちょ たるぼだ もたん げ むぉや
말해 내가 저 달보다 못한 게 뭐야

usぬん uえ ぽくすひょんいる っぷん
us는 u의 복수형일 뿐

おっちょみょん こぎ ちょうむぶと なん おぷそっとん ごや
어쩌면 거기 처음부터 난 없었던 거야

おんじぇんが のど い まるる いへはげっち
언젠가 너도 이 말을 이해하겠지

なえ けじょるん おんじぇな のよっそ
나의 계절은 언제나 너였어

ね ちゃがうん しむじゃんうん よんは 248ど
내 차가운 심장은 영하 248도

にが なる ちうん く なる もむちょっそ
니가 날 지운 그 날 멈췄어

Damn

なん めむどるごまん いっそ
난 맴돌고만 있어

(なん のる のっちょっそ なん のる いろっそ)
(난 널 놓쳤어 난 널 잃었어)

なん ほっとるごまん いっそ
난 헛돌고만 있어

(のん なる ちうぉっそ のん なる いじょっそ)
(넌 날 지웠어 넌 날 잊었어)

はんってぬん てやんえ せげえ そげっとん
한때는 태양의 세계에 속했던

(のれん もむちょっそ のれん もじょっそ)
(노랜 멈췄어 노랜 멎었어)

ぴょれ しむじゃんえん とぷとぱん あんげちゅんっぷん
별의 심장엔 텁텁한 안개층뿐

(のん なる ちうぉっそ のん なる いじょっそ)
(넌 날 지웠어 넌 날 잊었어)

おじぇわぬん くり たるる ごん おむね
어제와는 그리 다를 건 없네

ay っとくかとぅん いるさん そく ったく のまん おむね
ay 똑같은 일상 속에 딱 너만 없네

ay ぷんみょん おじぇっかじぬん はむっけよんぬんで
ay 분명 어제까지는 함께였는데

ay むそうる ちょんどろ っとくかとぅん はる そげん ったく のまん おむね
ay 무서울 정도로 똑같은 하루 속엔 딱 너만 없네

そるちき まれ にが おぷとん いるにょんっちゅむ
솔직히 말해 니가 없던 일년쯤

とむどめっち ふに まらぬん みりょんど
덤덤했지 흔히 말하는 미련도

おぷとん ちなん なる いじぇん っかむっぱく
없던 지난 날 이젠 깜빡

に ひゃんぎ ったうぃん きおくど あんな ちゃむっかん
니 향기 따윈 기억도 안나 잠깐

くんで おでぃそんが またぼぁっとん ひゃんすんで
근데 어디선가 맡아봤던 향순데

ay きおぎ おりょぷし ぴおなる じゅめ
ay 기억이 어렴풋이 피어날 즘에

ay ちょぎ ちょぎ こげるる とるりょぼに
ay 저기 저기 고개를 돌려보니

ふぁなげ うすみょ たがおぬん に よぺん く…
환하게 웃으며 다가오는 니 옆엔 그…

(あんにょん?) あんにょん
(안녕?) 안녕

おっとっけ ちね? なぬん むぉ ちゃる ちね
어떻게 지내? 나는 뭐 잘 지내

うぇんじ とじるとぅたん ね しむじゃんぐぁぬん だるり
왠지 터질듯한 내 심장과는 달리

い すんがん おんどぬん よんは 248
이 순간 온도는 영하 248

なん めむどるごまん いっそ
난 맴돌고만 있어

(なん のる のっちょっそ なん のる いろっそ)
(난 널 놓쳤어 난 널 잃었어)

なん ほっとるごまん いっそ
난 헛돌고만 있어

(のん なる ちうぉっそ のん なる いじょっそ)
(넌 날 지웠어 넌 날 잊었어)

はんってぬん てやんえ せげえ そげっとん
한때는 태양의 세계에 속했던

(のれん もむちょっそ のれん もじょっそ)
(노랜 멈췄어 노랜 멎었어)

ぴょれ しむじゃんえん とぷとぱん あんげちゅんっぷん
별의 심장엔 텁텁한 안개층뿐

(のん なる ちうぉっそ のん なる いじょっそ)
(넌 날 지웠어 넌 날 잊었어)

なん めむどるごまん いっそ
난 맴돌고만 있어

(あんげ のもえ よじょに みそ ってぃん のる じきょぼじ
(안개 너머의 여전히 미소 띤 널 지켜보지

うぃみど, のど, だ おむぬん ぷるぎゅちく ね くぇどえ ひょんしる)
의미도, 너도, 다 없는 불규칙 내 궤도의 현실)

なん ほっとるごまん いっそ
난 헛돌고만 있어

(のえげん きおかぎ ひむどぅん すっちゃわ おどぅめ pluto
(너에겐 기억하기 힘든 숫자와 어둠의 pluto

くれど けそく なん のえ ちゅうぃるる めむどるげっち damn)
그래도 계속 난 너의 주위를 맴돌겠지 damn)

なん めむどるごまん いっそ
난 맴돌고만 있어

(なん のる のっちょっそ なん のる いろっそ)
(난 널 놓쳤어 난 널 잃었어)

なん ほっとるごまん いっそ
난 헛돌고만 있어

(のん なる ちうぉっそ のん なる いじょっそ)
(넌 날 지웠어 넌 날 잊었어)

はんってぬん てやんえ せげえ そげっとん
한때는 태양의 세계에 속했던

(のれん もむちょっそ のれん もじょっそ)
(노랜 멈췄어 노랜 멎었어)

ぴょれ しむじゃんえん とぷとぱん あんげちゅんっぷん
별의 심장엔 텁텁한 안개층뿐

(のん なる ちうぉっそ のん なる いじょっそ)
(넌 날 지웠어 넌 날 잊었어)

Listen on Apple Music

BTSの全曲が聴き放題♪
3ヵ月無料『Apple Music』(初めての方限定)

※3ヵ月の期間内なら、いつ止めても無料!

『134340』歌詞和訳

できることなら聞いてみたかった
あの時どうしてあんなことしたのか どうして僕を追い出したのか
名前もないまま相変わらず君の周りを回ってる
別れは無色 それは変わることのない色彩

僕に名前はないんだな
僕も君の星だったのに
君は光だからいいよな
僕はそんな君を浴びるだけなのに

崩壊した””王星””に残った””冥””に何の意味があるのか
死ぬまで受けるんだろう 君の熱い視線
いまだに僕は君の周りを回り続けてて 変わったことは何もないけど
愛に名前がないのなら全てが変わったんだ
君は本当にErisを発見したんだろうか
教えてくれ 僕の何があの月よりも劣ってる?

usはただのuの複数形
きっとそこには初めから僕はいなかったのさ
いつか君もこの言葉を理解するだろう
僕の季節はいつでも君だった
僕の冷たい心臓は氷点下248度
君が僕を消したその日に止まった
Damn

回ってばかりいる
(僕は君を手放した 君を失った)
空回ってばかりいる
(君は僕を消した 僕を忘れた)
一時は太陽の世界に属していた
(歌は止まった 歌は鳴り止んだ)
星の心臓にはどんよりとした霧の層だけが
(君は僕を消した 僕を忘れた)

昨日に比べて変わったものは大してない
ay 代わり映えしない日常の中で唯一君だけがいない
ay 確かに昨日までは一緒にいたのに
ay 恐ろしいほど変わらない日の中には唯一君だけがいない
正直言って君がいなかった一年ぐらい
淡々としてた 俗にいう未練ってやつも
なかった過ぎし日々 もうちっとも
君の香りなんて思い出せやしない

なのに どっかで嗅いだことある香水が
ay 記憶がうっすら咲き始めるころ
ayキョロキョロ見回してみると
明るく笑いながら近づいてくる君 隣にいるのは…
(久しぶり) 久しぶり
元気にしてる? まあそれなりに
なぜか張り裂けそうな俺の心臓に反して
この瞬間の温度は氷点下248度

回ってばかりいる
(僕は君を手放した 君を失った)
空回ってばかりいる
(君は僕を消した 僕を忘れた)
一時は太陽の世界に属していた
(歌は止まった 歌は鳴り止んだ)
星の心臓にはどんよりとした霧の層だけが
(君は僕を消した 僕を忘れた)

回ってばかりいる
霧の向こうの微笑みを浮かべたままの君を見守る
意味も、君も、何もない不規則な俺の軌道の現実
空回ってばかりいる
(君からしたら覚えづらい数字と暗闇のpluto
それでも僕は君の周りを回り続けるんだろう damn)

回ってばかりいる
(僕は君を手放した 君を失った)
空回ってばかりいる
(君は僕を消した 僕を忘れた)
一時は太陽の世界に属していた
(歌は止まった 歌は鳴り止んだ)
星の心臓にはどんよりとした霧の層だけが
(君は僕を消した 僕を忘れた)