BTS『Skit: Circle Room Talk』和訳

『Skit: Circle Room Talk』和訳

ナム:ヤバかったんだから、当時この曲は

ユンギ:2006年!

テテ:僕も聴いたことありますよ

ナム:「Fly」(Epik Highの曲)

ジン:最高だったね

ナム:ミュージックビデオもめっちゃよかった

ユンギ:白いシャツと赤いネクタイのトレンド、それをどれほど真似してたか、小6の時に。

ホビ:分かる~

ジミン:アッハ

ナム:そう、それから・・・

テテ:ヒョン、あれは似合わないのに(笑)

ジミン:アハハッ

-学校のチャイム-

ナム:なんだよ?

ジン:なあ、ベルが鳴ったぞ、行こう!

ユンギ:いーーや。いや、チャイムが鳴ったからって。ヒョン、今日はこんままサボりましょう。

テテ:ヒョン!雰囲気良くなってきたとこなのに~

ホビ:サボろ!サボろ!サボろ!

テテ:行かない

ユンギ:潔~~く、一回サボろ。

テテ:僕行かない

ユンギ:そう、そう・・・ラップモン、先のEpik Highの話題に戻ろう

ナム:それで、その歌を聞いたあと、ラップを始めたんだよ。曲のタイトルのように、僕は飛び始めたんじゃない?

ユンギ:シュガ様もこの曲を聞いてラップを始めたんだよ〜

ナム:僕たちはマジで一緒のことしてたね、マジで。

ユンギ:当時の僕たちはみんな年相応のことしてたね。

ホビ:そうだね

ナム:俺たちが「Fly」を聴いていたとき、ホビ、ホビは何をしてたの?

ホビ:ラップ組とは違って、僕はダンスに夢中だったよ

ジミン:そりゃそうだよね~

ユンギ:それって生まれつきの才能?

ホビ:もちろん~ダンスは生まれつきの才能だよ、ジミンもそうだろ?

ジミン:そりゃ〜もちろん!ダンスする夢見てた人は他にもいる?

ナム・ユンギ・テテ:いや・・・

ジミン:アハハハハ

テテ:誰もそんな夢持ってなかったよ、ジミンあっち行け(笑)!

ホビ:僕もまだその時は、そんな夢を持ってなかったよ

ジミン:僕一人か…

ナム:今、「しーん」としたよね?

ホビ・テテ:あっち、あっち行け!

ジミン:一人でもないんですか? (笑)

ナム:みんな考えこんじゃったじゃん

ジミン:1秒の沈黙が生まれた・・・アッハ!

ユンギ:テヒョン、テヒョン、お前の夢は何だった?

テテ:僕はサックスを3年間やってました

ユンギ:じゃあ、今はなんでもうやってないの?

テテ:えっと…

ジミン:サックス?

テテ:口が痛いから…

BTS:(笑)

ユンギ:ええ、口が痛いから今はもう吹けないと?

ホビ :(笑)ええ?口が痛い?口が痛いの?

ナム:めっちゃ嘘に聞こえる

テテ:そう、口が痛くなったんです

ユンギ:サックス吹きすぎて、口が痛くなって止めたんだ

ジミン:どえらい理由や~

ナム:心が痛いわあ~

ユンギ:ジンヒョンはどうですか?あなたの夢は何でした?

ジン:僕?お父さんのようになりたかったです。 7時に仕事に行って、18時に家に帰り、妻が作ってくれたご飯を食べる。

ホビ:普通の生活

テテ:ええ〜本当に?わお…

みんな:おおおお~

ナム:僕も、それも最高だと思います

ジン:最高だよなあ?

ユンギ:確かに最高だなあ

ナム:だってヒップホップなんてなんだよ?って感じ、役に立たないですもん

ジン:お~

ジミン:なんなんだよ(笑)そうやってヒップホップを捨てるんっすか(笑)なんで(笑)

ユンギ:彼はクーーーールに、潔ーーーーくヒップホップを捨てたな

ナム:僕のお父さんを悪く言わないで~

ジミン:そうやって捨ててさあ

ナム:僕のお父さんを悪く言わないで~

ユンギ:ジョングク!

ジョングク:はい?はい?はい?はい?

ユンギ:ジョングク、お前の夢は何だった?

ジョングク:僕?(・ω・) うーん よく覚えてない

(ドアをノックする音)

先生:おーいガキども、授業サボって何してんねん!?

ナム:うるさいうるさいよ

先生:俺はこのヒップホップのクラブかなんかを、マジで解散させちゃうぞ、戻れぇ!!!

ジョングク:授業に戻ります!

みんな:はーい、戻ります~

ナム:行きます、行きます

ホビ:はい、はーい