BTS 『Still With You』歌詞+和訳(カナルビ付き)

『Still With You』歌詞+和訳(カナルビ付き)

なr すちぬん ぐでえ よとぅん ぐ もくそり
날 스치는 그대의 옅은 그 목소리

ね いるむr はん ぼんまん ど ぶろじゅせよ
내 이름을 한 번만 더 불러주세요

おろぼりん のうられ
얼어버린 노을 아래

もむちゅぉ そいっちまん
멈춰 서있지만

くで ひゃんへ はん ごるむっしく ころがれよ
그대 향해 한 걸음씩 걸어갈래요

Still With You


おどぅうん ばん じょみょん はな おぷし
어두운 방 조명 하나 없이

いくすけじみょ なん どぇぬんで
익숙해지면 안 되는데

くげ っと いくすけ
그게 또 익숙해

なじまぎ どぅりぬん
나지막이 들리는

い えおこん そり
이 에어컨 소리

いごらど おぷすみょん
이거라도 없으면

な ちょんまr むのじr ごっ かた
나 정말 무너질 것 같아

はむっけ うっこ はむっけ うrご
함께 웃고 함께 울고

い だんすなん がむじょんどぅり
이 단순한 감정들이

ねげん じょんぶよんな ぶぁ
내겐 전부였나 봐

おんじぇっちゅみrっか
언제쯤일까

だし ぐでr まじゅはんだみょん
다시 그댈 마주한다면

ぬぬr ぼご まらrれよ
눈을 보고 말할래요

ぽご しぽっそよ
보고 싶었어요

ふぁんほrへっとん ぎおく そげ
황홀했던 기억 속에

な ほrろ ちゅむr ちゅぉど
나 홀로 춤을 춰도

びが ねりじゃな
비가 내리잖아

い あんげが ごちr ってちゅむ
이 안개가 걷힐 때쯤

じょじゅん ばrろ だrりょがrけ
젖은 발로 달려갈게

ぐって な らなじゅぉ
그때 날 안아줘

じょ だり うぇろうぉ ぼよそ
저 달이 외로워 보여서

ばまぬれ ふぁなげ うrご いんぬん ごっ がたそ
밤하늘에 환하게 울고 있는 것 같아서

おんじぇんが あちみ おぬん ご らrみょんそど
언젠가 아침이 오는 걸 알면서도

びょrちょろむ のえ はぬれ もむrご しぽっそ
별처럼 너의 하늘에 머물고 싶었어

はるるr ぐ すんがぬr
하루를 그 순간을

いろけ どぇr ご ららったみょん
이렇게 될 걸 알았다면

ど だまどぅぉっすr てんで
더 담아뒀을 텐데

おんじぇっちゅみrっか
언제쯤일까

だし ぐでr まじゅはんだみょん
다시 그댈 마주한다면

ぬぬr ぼご まらrれよ
눈을 보고 말할래요

ぽご しぽっそよ
보고 싶었어요


ふぁんほrへっとん ぎおく そげ
황홀했던 기억 속에

な ほrろ ちゅむr ちゅぉど
나 홀로 춤을 춰도

びが ねりじゃな
비가 내리잖아

い あんげが ごちr ってちゅむ
이 안개가 걷힐 때쯤

じょじゅん ばrろ だrりょがrけ
젖은 발로 달려갈게

くって なr じゃばじゅぉ
그때 날 잡아줘

なr ばらぼぬん ひみはん みそ どぅぃぴょね
날 바라보는 희미한 미소 뒤편에

あるむだうん ぼらっぴちゅr ぐりょぼrれよ
아름다운 보랏빛을 그려볼래요

そろ ばrごるみ あん まじゅr すど いっちまん
서로 발걸음이 안 맞을 수도 있지만

ぐでわ はむっけ い ぎるr ごっこ しぽよ
그대와 함께 이 길을 걷고 싶어요

Still With You

『Still With You』歌詞和訳

僕をかすめていくあなたのかすかなその声

僕の名前をもう一度だけ呼んで

凍ってしまった夕焼けの下

立ち止まっているけれど

あなたに向かって一歩ずつ歩いていく

Still With You


暗い部屋 照明ひとつなく

慣れてしまったらダメなのに

それにまた慣れていく

静かに聞こえる

このエアコンの音

これさえなかったら

僕は本当に崩れてしまいそうなんだ

一緒に笑って一緒に泣いて

この単純な感情が

僕にとってはすべてだったみたいなんだ

いつになるだろうか

またあなたに会えたら

目を見て伝えるよ

会いたかったと

恍惚した記憶の中で

ひとりでダンスを踊っても

雨が降るじゃない

この霧が晴れるとき

濡れた足で走っていくよ

そのときは僕を抱きしめて

あの月が寂しく見えて

夜空で明るく泣いているみたいで

いつか朝が来ることが分かっていながらも

星のようにあなたの空に留まりたかった


一日を その瞬間を

こうなることがわかっていたなら

もっと心に留めておいたのに

いつ頃になるだろうか

またあなたに会えたら

目を見て伝えるよ

会いたかったと​

恍惚した記憶の中で

ひとりでダンスを踊っても

雨が降るじゃない

この霧が晴れるとき

濡れた足で走っていくよ

そのときは僕を捕まえて

僕を見つめるかすかな微笑みの後ろで

美しい紫色を描いてみるよ

お互いの歩調が合わないかもしれないけど

あなたと一緒にこの道を歩きたい

Still With You